アコースティックギターを高音質にiPadやiPhoneでライブ配信や録音する為の機材

個人でアコースティックギターの演奏を撮影し、InstagramやTikTokにYouTubeなどSNSにアップする事も少なくない時代になりました。

気軽に使えるので、iPhoneやiPadで撮影している方も多いのではないでしょうか?

今回はiPhoneやiPadを使って、ワンランク上の音質で録音したい方に必要な機材をご紹介します。

広告

オーディオインターフェイス

オーディオインターフェイスとは、元々はマイクや楽器をPCに接続するための機材です。

アコースティックギターのソロ演奏を録音するのに、繊細に音を拾ってくれるコンデンサーマイクを使用している方が多いようです。

最近ではiOS対応のオーディオインターフェイスも数多く販売されており、iPhone、iPadに高品質なコンデンサーマイクを接続できるようになりました。

ただし、iOS対応のオーディオインターフェイスの購入時に注意しなければならない事が2つあります!

それは、

①「電源がどうなっているか?

②「コンデンサーマイクに電源を供給できるか?

の2点を注意しなければなりません。

①はアダプターを電源コンセントに差して電源を取るタイプと、USBバスパワーと言ってUSBを差すだけでiPhoneやiPadのバッテリーから電源を取れるタイプがあります。

USBバスパワーで気を付けたいのはiPhoneを使う場合!

iPhoneのバッテリーでは電力が足りずオーディオインターフェイスが動かない場合があります。

その場合はAppleのカメラアダプターを購入し接続すると、iPhoneを充電しながらオーディオインターフェイスにも電源を供給してくれます。

USBケーブルは電源を供給できるタイプのケーブルを使用してください。(100均のケーブルは怪しい…)

使用する環境に合わせて電源タイプを選びましょう。

②はコンデンサーマイクを使用するのに必ず必要になります。

マイク接続端子に48V電源が有るか確認しましょう。

また、ライブ配信に便利なループバック機能を備えているものもあります。

使用状況に合わせて選んでくださいね。

マイク、マイクスタンド、マイクケーブル

次に必要になるのがマイク関連。

マイクにも種類がありコンデンサーマイクとダイナミックマイクの2種類があります。

コンデンサーマイクは、とても繊細に音を拾います。

遠くのエアコンの風の音を拾ってしまうほど繊細です。

反面、衝撃や湿度などに弱く、取り扱いに注意をしなければなりません。

接続するのにも、48V電源が必要となります。

アコースティックギターの生音をリアルに録音するにはこのコンデンサーマイクがオススメです。

ダイナミックマイクは、カラオケで使われるあのマイクです。

衝撃にも強く、コンデンサーマイクに比べ取り扱いが容易です。

持ち運びが多い状況では、ダイナミックマイクが向いているかもしれません。

音の拾いもコンデンサーマイクほど繊細でなく、設置する場所を選ばず比較的容易にセッティングできます。

家でもライブでも場所を選ばず使いたい方にオススメです。

使用する用途に合わせて、マイクを選んでください。

マイクを購入したら、合わせてマイクスタンドとマイクケーブルが必要になります。

マイクの事ばかり考えていると意外と忘れがちになる2つ…。

この3つをセットで予算を組みましょう!

関連記事

アコースティクギターの生演奏をスマホで録音している方も多いと思います。 ただ、それでは空気感のある生々しい演奏は録音されません。 空気感のある実際の生の演奏の音を録音したい! そんなワンランク上の録音に必要になるのが、繊[…]

「サウンドハウス」の公式ホームページはここをクリック

モニター用のヘッドホン、スピーカー

絶対に必要という訳ではありませんが、有ると便利なのがモニター用のヘッドホンかスピーカー。

録音した音を確認する為のものになります。

オーディオインターフェイスにも、ヘッドホン、スピーカーを接続する端子がついているので接続も簡単。

音楽を聴く為のオーディオ用の製品ではなく、録音状態を確認する為のモニター用の製品を購入しましょう。

動画編集、録音編集の時にその威力を発揮しますよ!

まとめ

高音質で動画や音源を作成したいけど、何をしたらいいのかわからない…。

という方も多いのではないでしょうか?

実は、私もその一人でした。

今回は、そんな方々に向けて最低限必要となる機材を紹介いたしました。

この他にも、動画編集アプリや音楽制作ソフトなど便利なモノは沢山あります。

使用環境に合わせて揃えていきましょう。

作業時間をグッと短縮できますよ!