開湯千三百年、傷ついた鹿が癒しにやってきた温泉が魅力「湯の山温泉 鹿の湯ホテル」

広告

開湯1300年という歴史ある温泉

鈴鹿山脈の主峰をなす御在所岳の山麓、三重県菰野町にある「湯の山温泉」

今から約1300年前に、薬師如来のお告げで発見されたと伝わっている温泉です。

泉質と効能が良く、傷ついた鹿が癒しにやって来たことから、別名「鹿の湯」と呼ばれていました。

その歴史を現代まで受け継いできた旅館の一つが、「鹿の湯ホテル」です。

その泉質は?

「湯の山温泉」の泉質は、無色透明のアルカリ性単純泉。

ラジウム、エマナチオンを多く含み、筋肉痛、高血圧症、動脈硬化症、慢性皮膚炎、神経痛、慢性婦人病などに効能があり、女性の美肌をつくることでも有名です。

「鹿の湯ホテル」の大浴場は、浴槽が広くて手足を伸ばしてのんびりできます。

窓から見える景色も自然豊かで癒されますよ。

私の感想としましては、短時間で身体の芯まで温まり、温泉から上がっても長い時間つま先までポカポカしていました。

冷え性の方には、嬉しい効果ですよね。

館内はレトロな雰囲気

レトロな落ち着いた雰囲気

館内は落ち着いたレトロな雰囲気があるところも、「鹿の湯ホテル」の魅力。

日本の伝統的な家具や懐かしいカップめんの自動販売機など、館内の所々に何気なく設置されていますよ。

これが違和感なく、とても自然な感じで存在感を放っています。

こういった落ち着きある雰囲気も、老舗だから出せるのではないでしょうか。

また、女性専用のサービスとして色とりどりの浴衣から、自分好みの浴衣を選んで着ることができるんです。

このレトロな雰囲気と自分に合った浴衣を選ぶのも、楽しいひと時になりますよね。

レトロな雰囲気だけでなく、客室から見える景色も絶景です。

季節によって様々な表情を魅せる、鈴鹿連山の美しい山並みと渓谷。

海抜四百メートルから見下ろす伊勢湾の眺めは雄大です。

宿泊でなくとも、気軽に日帰り昼食プランもありますよ。

御在所岳登山口、ロープウェイも徒歩5分

御在所登山道の裏道の景色

「鹿の湯ホテル」のある湯の山温泉は、御在所岳という山が観光地として有名です。

登山はもちろん、世界有数の規模を誇るロープウェイがあり、2,161m、高低差780m、所要時間12分の空中散歩が楽しめます。

「鹿の湯ホテル」から、御在所岳登山口、ロープウェイ乗り場までは徒歩で約5分ほど。

御在所岳を観光するには、最高の場所にあるホテルなんです。

御在所岳は標高が1212mあり、ロープウェイ乗り場と頂上との気温の差には注意が必要!

ロープウェイに乗られる際は、すぐに羽織れる上着を持っていかれる事をオススメします。

登山をされる方も、登山靴や雨具の装備はお忘れなく!

途中、岩場などがあるので日帰り登山と言ってもナメてはいけません。

備えあれば憂いなしです。

日帰り入浴もできます

実は、私が「鹿の湯ホテル」に訪れる際は、御在所岳登山後の日帰り入浴が目当の時がほとんど…。

暑い時期は汗を流してサッパリと、寒い時期は冷えきった身体を優しく癒してくれます。

本当、いつもお世話になっております!

入浴料1000円でタオルもついてきます。

シャンプー、ドライヤーなども置いてあるので、手ぶらでも安心。

登山で疲れた後に、おもいっきり足を伸ばして入れる広いお風呂のありがたい事!

温泉から出たところにある休憩所には、御在所岳の伏流水を飲めるようになっており、温泉から出た後のこれがまたウマい!!

「鹿の湯ホテル」は、この最高のひと時を私に与えてくれます。

日帰り入浴を三回入ると、一回無料になるスタンプカードも愛用してます。

四季折々を楽しもう

三滝川の水がとても綺麗

名古屋から車で約1時間ほどで自然豊かな場所にある「鹿の湯ホテル」。

四季を通じて様々な景色を楽しめるとともに、伊勢湾などの旬の食材も楽しめる贅沢な場所です。

温泉街の近くを流れる三滝川の水もとても綺麗で、見ていると心が洗われるよう。

都会の喧騒に疲れたら、ちょっとレトロな「鹿の湯ホテル」と御在所岳の自然に癒されてみませんか?

「鹿の湯ホテル」公式ホームページ 

http://www.sikanoyu.co.jp

御在所ロープウェイ公式ホームページ

 https://www.gozaisho.co.jp/